デリケートゾーンにココナッツオイルを。

MENU

自分で行うデリケートゾーンのケアにおすすめ!

デリケートゾーンの悩みは、女性なら誰もが持っているのではないでしょうか。毎月の生理が原因で、ムレやかぶれといった不快感を感じたことがあるでしょう。また妊娠中や出産後も、さまざまなトラブルが起こりやすいと言われています。
多くの女性が一度はかかる可能性が高いカンジダ感染症は、妊娠中に特にかかりやすいと言われているのです。痒くて不快なカンジダ感染症は、一度悪化すると完治が長引いてしまいます。栄養状態の悪化や体力の低下、ストレスなどで発症することがありますので注意が必要です。

 

このようなデリケートゾーンの悩みは、なかなか人に相談するのも恥ずかしいと思います。そのため症状を改善するために、自分でできる解消法を実践している人も少なくないようです。

 

ココナッツオイル

自分でおこなうデリケートゾーンのケアにお勧めなのが、ココナッツオイルを使用した方法です。

ココナッツオイルとは、ココヤシ果実から作られる油脂のことをいいます。ココナッツオイルは、美容や健康に高い効果を発揮するオイルとして注目されています。海外セレブや日本の芸能人にも愛用者が急増しているほど、その人気は確かなものになっています。

 

そんなココナッツオイルがなぜデリケートゾーンに効果的なのかというと、ココナッツオイルの持つ抗ウイルス性や抗菌性に関係があります。高い抗菌性を持っているため、膣カンジダ症を引き起こす原因となるカンジダ・アルビカンス菌や、皮膚炎を引き起こす原因とされるグラム陽性菌やグラム陰性菌の予防や治療に効果があるのです。
またカンジダ感染症の治療にも使われている、母乳成分ラウリン酸やカプリン酸といった免疫力を強化する成分も、ココナッツオイルにはたくさん含まれています。お風呂上がりに身体をマッサージしながらデリケートゾーンに塗布するだけで、これらの不快な症状を改善する働きをしてくれるのです。使うものは、より高い効果を期待できる100%無添加のエキストラバージンオイルを選ぶことが大切です。